毎日の3つステップで脱いちご鼻!毛穴レスの作り方をご紹介

毎日の3つステップで脱いちご鼻!毛穴レスの作り方をご紹介

0件のコメント

 

その見た目から「いちご鼻」とも呼ばれる鼻の黒ずみに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
「いちご鼻が気になりすぎてメイクで隠して良かれと思ってやったことが、かえって悪くなって悪循環に…」 
「角栓ケアをしてもすぐに再発行してしまい、クリニックにいっても効果を得られない」
 … いちご鼻が全然治らないとあたふたしてしまう方も少なくないはずです。
 
確かに、一度いちご鼻になってしまうと元のきれいな状態まで戻すことはかなり難しいと言えます。しかし正しいケアを根気よく続けることで症状が緩和することはあるかもしれません 。
 
あらゆるケアを試している方も多いかと思いますが、そこで本記事では、長年いちご鼻で悩む方に向けて、日常生活でいちご鼻に効果的にケアできるおすすめのお手入れ方法を紹介します。

 

いちご鼻の原因とは?

いちご鼻の種類は代表的に以下の2つに分けられます。

 

 ·角栓によるいちご鼻: 
①ざらざらとしている 
②白い栓や黒い栓が見える  
皮脂や古くなった角質、汚れなどが混ざり合うと、白い角栓になります。時間が経って紫外線や空気に触れると、白い角栓が酸化して黒い角栓に。毛穴が黒ずんで、いちご鼻のようにポッポッと見えてしまうのです。メイクをしっかり落とせてなかったり、皮脂の分泌が多い方は角栓によるいちご鼻になりやすいでしょう。  

 

·メラニン色素によるいちご鼻:
①触ってもざらざらしない
②毛穴の周りに茶色っぽいシミのようなものが見える  
鼻に紫外線が当たり、毛穴の周りの皮膚にメラニン色素がとどまって、黒ずんで見えてしまうのです。メラニンとは外部の刺激により生成された黒い色素で、シミなどの原因にもなります。毛穴の入り口付近でシミの原因となるメラニンが産生・沈着することで毛穴が黒ずんで、いちご鼻の原因となります。  上記を参照して、それぞれどのような状態なのかを把握し、ご自身のいちご鼻の原因はどちらなのかチェックしてみましょう。

 

いちご鼻の改善方法

このように、いちご鼻の原因はさまざまです。タイプに合った対策を行うことが重要です。しかし、人によっては上記のような2つのタイプが混合している可能性もあります。

 

そのため、角栓ケアとメラニンケアをして、2つのタイプの共通した対策でいちご鼻解消につなげます。以下のような日常ケアに必要な3つのステップを通じて、長年いちご鼻を治すことが可能です。 
①毎日のクレンジングを正しく行うこと 
②内と外から肌をしっかり保湿ケア 
③こまめなUVケア  

 

·毎日のクレンジングを正しく行うこと
いちご鼻を改善するための正しいケア方法はまず、丁寧なクレンジングを行うことです。
▼おすすめ:《Sarlisi(サーリシ)毛穴吸引器》
毛穴洗浄のための吸引技術に加えて、お肌の修復のための赤/青ライト機能も搭載しています。肌に必要な角層にダメージを与えないように毛穴の汚れを落とします。

 

 

私たちがいつもケアしている肌、すなわち目に見えている部分の「角層」の厚さは、なんと平均0.02mmです。0.02mmの角層にダメージを与えないために、クレンジング剤をつけてから洗い流しまでの時間を、2分以内におさめるよう意識しましょう。  

 

そして、ベースメイクに濃さに合わせてクレンジング剤を選んでください。濃いメイクはオイルタイプのクレンジンググッズを選んだほうが効果的です。ナチュラルメイクとデリケートな肌はジェルタイプのほうがいいと考えられます。 

 

クレンジング剤を体温より少し低いくらいの温度で温め、くるくる円を描きながらなじませ、その後ぬるま湯で20回程度すすんでいけば、肌にやさしくてメイクの汚れをきちんと落とします。

 

▼おすすめ:《Sarlisi(サーリシ)多機能超音波美顔器》 
水と超音波を使って毛穴の汚れをケアできるディープクレンジングアイテム。忙しい時や、疲れている時など、どこでも簡単にメイクオフできます。

 

 

·内と外から肌をしっかり保湿ケア
乾燥が進んでいる肌には、たっぷりと水分を与えてあげることが重要です。顔の保湿力が落ちる原因は、紫外線や生活習慣の乱れ、肌に合わないスキンケア、加齢、外気の乾燥などさまざまな理由が考えられます。

 

保湿力を維持するために一番大切なのは、肌に本来備わっている外部刺激を跳ね返す力が正常に働くようにすることです。 そのため、肌への負担が少ない基礎化粧品を使ってください。毎日の保湿ケアは次の3ステップに参照して行ってください。 

 

①まずは、肌に水分を補うため、化粧水をつけます。肌に負担となるパッティングは避け、やさしくなじませます。

②次に、水分と油分でできている乳液をつけて、乾燥しやすくなっている肌をサポートします。 

③最後に、油分が配合されたクリームなどをつけ、水分が逃げないようにうるおいを閉じ込めます。クリームは、外部からの刺激をブロックする役割も果たします。  

▼おすすめ:《Sarlisi(サーリシ)アロエジェル》 天然由来成分を使えるアロエジェルです。敏感になったお肌に水分をたっぷり与え、しっとりとしたお肌へ!

 

 

·こまめなUVケア

紫外線の量は、夏にあたる6〜9月に増えるもの。しかし、秋冬や曇天時でも紫外線は地上へ降り注いでいるため、日焼け止めは季節や天候に関係なく一年中塗る必要があります。  肌の負担になることがあるため、使用シーンや季節に適したものを選びましょう。普段使用であれば、「SPF30・PA++」程度がひとつの目安になります。

 

 ※当サイトにて掲載している画像・文章の一部はフリー素材です。著作権や肖像権などは、各権利所有者に帰属します。万が一、問題点などがある場合は、お問い合わせにてご連絡をお願い致します。


タグ:
【ライフスタイル編】美肌を手に入れるための習慣についてご紹介

【話題のVIO脱毛!】メリット・痛みの軽減からVIO脱毛のリアルをお届け!

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。